愛知県卓球協会

052-722-3355

ご挨拶

愛知県卓球協会より皆様へ

愛知県卓球協会加盟の皆様には、益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
平素は、愛知県卓球協会にご協力いただき篤くお礼申し上げます。

さて、4月2日に開催された理事会・評議員会におきまして、平成28-29年度の役員改選を行いました。この改選で、昭和47年以来44年間の永きに亘り、会長を務めてこられた後藤淳会長が退任し、名誉会長に就任しました。新会長には、後藤泰之が選出されました。

愛知県は『卓球愛知』と呼ばれ、深津尚子、長谷川信彦、小和田敏子など世界王者をはじめ多くの日本王者など優秀な選手を輩出してきました。平成27年度は愛知県代表チームの中でも特に男子チームの活躍が目覚ましく、大学(インカレ)・中学(全中)で優勝.高校(インターハイ)3位であり、春(28年3月)の全国選抜では、高校(2連覇)・中学(4連覇)・ホープス(6年ぶり3度目)と全てのカテゴリーで優勝しました。

一方、加盟登録数も平成27年度は17,268名で日本一となり、小学・中学・高校・大学教職員・一般と全てのカテゴリーで日本のトップレベルにあり、卓球が非常に盛んな県です。

愛知県の大会としては、3200名を越える社会人が参加する大会として、全国で最大規模の大会である『愛知県社会人卓球リーグ戦』を毎年春秋の2回開催しています。また、昭和41年から愛知県内の卓球の普及を目指した『一万人卓球大会』も平成14年から、<卓球界の明日を担う小中学生の参加を1万人>を目指して県内各所で実施してきました。平成27年度は県内32カ所で開催し、小中学生の参加者が目標の一万人をクリアしました。

会長交代を機に、県内の卓球を愛好する皆さんにこれまで以上に卓球に親しんでいただける協会となれるように、関係者一同頑張っていきますので、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成28年4月
愛知県卓球協会 会長 後藤泰之

ページトップへ